必ずしも すべての男性が彼女が欲しいと思うわけではありません

しかし それでも彼女が出来ない人が大勢いるのはなぜでしょうか

「どういうこと?」と思われるかもしれませんね。自分では話下手ではないと思っているのに、コミュニケーションがうまく取れていないために、彼女ができないということがよくあるのです。

「絶賛、彼女募集中です。デートしたい! カフェに行っておしゃれな飲み物を飲んで、食べるのに夢中になっているところを彼女に隠し撮りされて、それをインスタにアップされたりして……(笑)。

それならば職場以外で彼女を探せば良いのですが、仕事が忙しいとそれに追われてしまい、恋活する時間を捻出することが困難で、結局彼女できないまま時間だけが過ぎて行ってしまいます。

インターネットを使った恋活なら「職場に出会いゼロ!」「女性と交友してる友達もゼロ!」「もちろん学生時代も彼女なんていなかった!」「仕事が忙しくて時間もない!」といった人でも今すぐ恋活を始めることができます。

「僕は高校生活の終わりまでずっと目立たない存在でした。これじゃ彼女なんてできないと思いつつも、なかなか自分の殻を破ることができず……。そんな僕ですが、大学生になり思い切り自分を変えようと試みました。いわゆる大学デビューってやつですね。

しかし、彼女が出来ないからといって、嘆いたり開き直るだけでは何も解決しません。いったいなぜ彼女が出来ないのか、分析していく必要がありますよね。

彼女が欲しい!だけど何から頑張ればいいのか分からない、色々頑張っているけど...

彼女が欲しいのにできない理由は環境因子が大きいです。
でもそれだけではありません。
出会いの場も時間もないのに彼女がいる人は存在します。

サークル活動、アルバイト、他大学との交流など、学内外で出会いがあるのが大学生です。行動を起こせばいくらでも出会いがあるでしょう。しかし、それでも彼女が出来ない人が大勢いるのはなぜでしょうか。

「彼女が欲しい!」と思うなら、自分にピッタリの恋活方法を見つけて積極的に行動していきましょう!

必ずしも、すべての男性が彼女が欲しいと思うわけではありません。誰かと一緒にいることを負担に感じてしまう人もいます。彼女を作って一緒に幸せを感じることよりも「ひとりのほうが気楽でいいや」と、まるで悟りを開いたかのような状態になってしまう人も……。

例えば、女性はこうあるべきと決めつけ、自分の理想にそぐわないと、冷めてしまったり、自分の思い通りに彼女を変えようとすらします。最初は合わせてくれる女性もずっとでは疲れてしまいます。

もちろん恋愛に理想は大切です。
確かに「誰でもいいから付き合いたい」という貪欲さが必要なこともありますが、ただ彼女が欲しいからと好きでもない女性と付き合ってもすぐに破局してしまうのは目に見えています。

友達でも恋人でも、一緒にいて楽しいほうが良いに決まってますよね。周りの人の気分まで暗くしてしまうネガティブな人は、彼女作りに苦戦します。

特にプライドが高い男性の場合、女性へのサービスを「媚びを売る行為」と考えて躊躇してしまいがちです。
しかし女性を楽しませようとするのは媚びではなく思いやりと気遣いですから、それができなければ女性からは「とっつきにくい男性」と敬遠されやすくなってしまいます。
こうなると恋愛のきっかけができませんから彼女もできません。

おすすめの記事