このオナニーでおっぱいイキが出来たら 最高の時間を過ごせるのです

このオナニーでおっぱいイキが出来たら 最高の時間を過ごせるのです

おっぱいを大きくしたい女性の秘かな願い、それは自分らしさ、自信を持つために重要な意味を成します。おっぱいを生育するには第一に、血行を良くして体を温かくする所がポイントです。育乳マッサージの多くは、おっぱいの血流や乳腺にそって行うマッサージが大半を占めます。同じように、スペンス乳腺の開発はおっぱいに対して優しく、そして乳腺にそった愛撫を行うので、快感を味わいつつ豊満なおっぱいが目指せるのです。高額な器具や長いストレッチ時間は必要ありません。おっぱいを大きくしたい女性は是非、スペンス乳腺開発でおっぱいを育成しましょう。

貴女はおっぱいイキを経験した事はありますか?基本的なおっぱいイキとは、神経が密集している粘膜部分が変化した、乳首を舐めたり吸ったりして愛撫を与え、刺激でイク事になりますが、スペンス乳腺の開発が進んだ女性の体は、乳首以外の場所でも気持ち良くおっぱいイキが可能です。乳首が強めのオルガズムなら、スペンス乳腺でのイキは弱い電流から強い電流に変わるような、時間も長めのオルガズムを感じます。おっぱいでイク事はペニスの挿入を必要としないので、女性のオナニーや、男性とのセックスの前戯でも充分に楽しめます。

女性の体を愛撫するなら、優しく甘やかすプレイをすると、多くの女性は喜びます。マゾ女性でも、いたぶられる事と甘やかす事は同じくらい気持ち良いものです。おっぱいを優しく揉む、気持ち良い部分を繰り返し愛撫するなどのプレイは、沢山の快楽が溜まっておっぱいイキや乳首イキに繋がります。女性は、雰囲気で気持ち的にイってしまうタイプです。男性におっぱいが愛されている、という事実だけで十分オルガズムに達しやすくなります。多少はくすぐったい仕草や、恥ずかしい反応はありますが、喜んでいるのでおっぱいの甘やかしプレイは是非覚えましょう。

女性がオナニーをする事は、恥ずかしい事ではなくて極自然なものです。女性ホルモンが活発になると、エッチしたくなる、ひと肌恋しくなる、男性と触れ合いたい、と思うのは本来の性質です。女性がオナニーで満たされる事は、精神的な満足やリフレッシュにとても効果的です。このオナニーでおっぱいイキが出来たら、最高の時間を過ごせるのです。いつものオナニーに斬新な刺激が欲しい、セックスでもっともっと気持ち良くなりたい、と願う所から、スペンス乳腺開発による自分磨きはもう始まっています。

おっぱい用のアダルトグッズを持っている女性は、けっこう少ないものです。ローターやバイブ、ディルドは持っているのに何故、おっぱい用のアダルトグッズの所持率は低いのでしょうか?まず、日本人女性はオナニーやセックスは隠すもの、恥ずかしいものという概念が先にあり、膣は開発してもおっぱいを開発するのは淫乱、というイメージがあるからではないでしょうか?世の中にあるおっぱい用のアダルトグッズは、大半が女性の気持ち良さ、リラクゼーション、リフレッシュやストレス発散の為に気持ち良さ、使いやすさを追求して日夜開発されたもの。女性用のアダルトグッズを使って、自分のおっぱいを愛して楽しんでも、何ら恥ずかしい、おかしい事ではないのです。おっぱい全体を愛撫するもの、乳首も一緒に気持ち良くするもの、デザインがおしゃれでセンスがあるものもあるので、是非お気に入りの1つを探して見ましょう。

ブラジャーひとつで、おっぱいの大きさ、歩き方、座り方、冷え症改善まで大きく関わって来ます。ブラジャーは心臓に近い位置に身に着けるもので、胸をささえ正しい位置におくことで血流が良くなり、姿勢が変わります。ノーブラではおっぱいが冷え、勿論おっぱいで気持ち良くなる体調作りも遠のいてしまいます。ブラジャー選びは数年同じサイズを使うのではなく、ダイエットや太った、年齢を重ねたタイミングで下着専門店に行ってトップとアンダーを測って貰いましょう。古いブラジャーはワイヤーの変形などでおっぱいを圧迫するのでNGです。心地よい体にあったブラジャーをつけて、魅力的なおっぱい作りに変革して行きましょう。

仕事が休みの日、特に独身の女性はムラムラするとオナニーで済ませがちですが、思い切ってリアルナンパでスペンス乳腺が開発できる、おっぱい好きな男性を逆ナンする方法もあります。昼から逆ナンすると、男性側も乗り気になりづらいものの、午後~夕方にかけてなら、飲みの誘いなどが出来るので、逆ナン成功率もアップします。しかし初対面同士、聞いた年齢が本当かどうかは分からないので、一か八かにはなってしまいます。

おっぱいでもっとも外部刺激によって反応し、形が変わるのは粘膜部分が発達した乳首です。女性のおっぱいの先端にあるので、ブラやシャツで擦れて自然と勃起する経験もある女性も多いでしょう。感じやすいおっぱいにするには、いきなりスペンス乳腺をマッサージするよりも、元々敏感な性感帯である乳首を自分の指で優しく撫で回し、乳首への愛撫で気持ち良くなったらゆっくりとスペンス乳腺付近へ愛撫を移すと、違和感なく気持ち良く性感帯マッサージが可能です。

スペンス乳腺開発は、性感帯の感度をアップする点はもちろん、なんとバストアップも期待できるので女性にとっては一石二鳥の、嬉しい開発方法になります。何故バストアップになるかと言うと、スペンス乳腺には優しい様々な刺激、血行を良くする動き、リラックスする為のマッサージ効果など、正にバストアップのストレッチやマッサージと似た動きが多用されているからです。乳首責めや乳首開発も併用すると、乳首も敏感に成長します。おっぱいで気持ち良くなりつつ、更に自分のバストに自信がつくなら、やらない方が損になってしまう訳なのです。

セックスでペニスを挿入されながら、おっぱいにキスされるプレイは女性の全身を快楽に包むプレイです。正常位なら簡単で、ペニスを抜き差ししながら男性の口で、視界にある女性のおっぱいを左右かまわずキスする事は可能です。また後背位の場合、ペニスを挿入しながら男性が覆い被さり、上半身を傾けて女性のスペンス乳腺付近を後ろからキス出来ます。後背位からの挿入は予想できない刺激があり、また男性の動きが分からない状態でのおっぱいへのキスは、スリル満点で女性は興奮します。マゾ気質の女性も、満足できるプレイスタイルです。

おっぱいを愛撫するとき、ほとんどの人が乳首を重点的に攻めます。それは乳首以外のおっぱいの部分は、脂肪や乳腺があるため刺激を感じにくいからです。ちなみにおっぱいの90%が脂肪、10%が乳腺で出来ています。

女性の体は男性よりも筋肉が少なく、皮膚が薄いのが特徴です。女性のおっぱいは、血管や神経を柔らかい脂肪で包んでいますがスペンス乳腺は、おっぱいの中でもデリケートな場所なのです。デリケートだから、キスや指先のタッチだけでも敏感に感じます。いきなり乱暴なプレイは、乳腺を傷つけるおそれがあるので、優しくソフトに愛撫をスタートしましょう。特に唇は、柔らかいのでおすすめの愛撫方法です。おっぱいを、スペンス乳腺も含めて乳首や横乳を沢山キスしたなら、それだけでもデリケートなスペンス乳腺は感じます。

女性のおっぱいのGスポットである、スペンス乳腺はとても敏感な性感帯です。ほとんどの女性が、まだ未開発の段階であり、女性のチクニーや男性との乳首開発やセックスで、誰でも年齢関係なくスペンス乳腺の開発が出来ます。スペンス乳腺開発の最終目標は、おっぱいイキです。おっぱいイキが出来るようになると、ペニスの挿入なしでも女性はオルガズムに達し、また長くとろけるような快感が味わえます。女性のセルフマッサージやアダルトグッズを使って、またはパートナーやセフレ男性とのおっぱい責めによる乳首開発で、今よりも敏感なおっぱい開発にチャレンジしてみて下さい。

Gスポットは、女性の膣内にあるとても感じやすい性感帯です。まだセックス経験が浅い女性はあまり感じませんが、セックスの経験が増え、オナニーなどで膣に挿入する回数が増えるとGスポットが成熟し、コリコリと当たるだけで膣イキします。同じくスペンス乳腺はおっぱいの正しくGスポットであり、開発を重ねる事でより敏感に、そして乳首に負けない程気持ち良い性感帯に変化します。AカップでもGカップでもカップ数は関係なく、どんな女性でも性感アップ出来るのが、スペンス乳腺になるのです。

女性なら、おっぱいに誰でも持っているスペンス乳腺の位置ですが、意外と場所を知らない人が多いものです。場所的には、女性のおっぱいの横側面から脇の下にかけてのエリアに、スペンス乳腺が集まっています。女性の乳房は、沢山の乳腺や乳管が集まっており、その上から柔らかい脂肪で包まれています。皮膚は比較的薄いので、外部からの小さな刺激でもおっぱいは充分に感じ取ります。スペンス乳腺のあたりを、自分の両手でゆっくりと優しく掴んでみましょう。何度か繰り返して乳首が気持ち良くなってくる、もっと触りたくなるなら、開発によって最高の性感帯に成長するでしょう。

おすすめの記事