ユーザー数が多いからこそ 出会いの数も多いようですね

ユーザー数が多いからこそ 出会いの数も多いようですね

グラフを見てみると、1ヶ月プランで比較する金額と12ヶ月プランで比較する金額で違いが出てくることが分かりますよね。短い期間だけアプリを利用したい人もいれば、長期的に出会いを探していきたい人もいるので、自分の利用したい期間のプランで比較するようにしましょう。

もちろん、真面目に出会いを求めている超美人もイケメンもいるでしょう。でも、やはり、アイドルや人気俳優みたい、というレベルになるとちょっと「?」っといった感じはありますね。写真の作りがウソっぽい感じがする事も多いようです。気になるようなら、画像を写メして、パソコンのGoogleなどで検索してみても、いいでしょう。同じ画像で複数のサイトが出てくるようだと、業者のサクラの可能性大ですね。

の3パターン。他のアプリと同じようにこだわりの条件を選択して相手を探せるだけでなく、「○○の映画が好き」や「遠距離OK」など、自分を表現できるグループに参加することで、価値観の似た相手との出会いに繋がります。また、SNSでのタイムラインのように近況を投稿できる「みんなの近況」機能も好評。休日の過ごし方や普段の考え方などがアピールできるので、自分を知ってもらいながら相手の人柄も同じようにチェックできますよ。約20秒に1組がマッチングしているといわれている「Yahoo!パートナー」。ユーザー数が多いからこそ、出会いの数も多いようですね。

大手出会い系サイトになればなるほど24時間365日出会いを求めることができるので、自分のタイミングで活動できるのも魅力的なポイントとなっています。

現在「婚活向け」「恋活向け」「遊びやカジュアルな出会い向け」と大きく分けて3種類あります。

Tinderは男性でも完全無料で出会えます!ただし、Tinderに課金した方がより出会えるようになる仕様なので、出会いにくいと感じた方は課金を検討しましょう。

Tinderは、アメリカから世界に拡大したサービスなので、日本で利用しても外国人とのマッチング率が高い 傾向にあります。単純な出会い以外にも、外国語習得や異文化交流としても有用かもしれません。

最近ではマッチングアプリで知り合いゴールインまで行くカップルも多く、出会いの一つの形として認知され始めてきました。

マッチングアプリ=真剣な恋愛ができると説明しましたが、出会い系サイトでは真剣な恋愛を求めることはできないのでしょうか。

日本では、未だに「出会い系」はマイナスイメージをいだく人もいますよね。

出会いと言っても様々な種類があり、その中の真剣な出会いとなるとマッチングアプリを利用するのが賢い選択と言われています。

「ゼクシィ恋結び」とは?:有名な結婚情報誌を発刊しているリクルートが開発・運営しているマッチングアプリ、「ゼクシィ恋結び」。Facebookで登録し、婚活・恋活ができるアプリです。ユーザーの70%以上が20代。「お見合いに参加するほどではないけれど、そろそろ真剣な出会いが欲しい」という20代男女が多く利用しています。

Omiai(お見合い)は日本で婚活マッチングアプリを普及させた初めてのアプリです、運営会社は上場企業だから安心で結婚相手と出会いたい方には特にオススメです。

ちなみにマッチングアプリ先進国のアメリカでは、国民の3人に1人がオンラインサービスで出会い、結婚しています。

出会いの幅が広いこともあり、自分の中で「○○な出会いがしたい!」と、あらかじめ決めておくことが大切です。

おすすめの記事