また空いてる手でおっぱいを触ってみるのもいいかもしれません

ちなみにおっぱいの90%が脂肪 10%が乳腺で出来ています

エロスイッチが入らないときはAVを活用してみるのもあり。おっぱいがきれいな女優さんが出演している作品や、おっぱいへの愛撫がメインの作品を選んで、AVの真似をしながら自分で再現してみれば、より高い肉体的な快感が得られるはずですよ。

ただおっぱいを触るだけではなかなか感度を高まっていきません。おっぱいオナニーをするときは目を閉じて好きな人の顔を思い浮かべるなど、イマジネーションを膨らませて みましょう。

おっぱいを愛撫するとき、ほとんどの人が乳首を重点的に攻めます。それは乳首以外のおっぱいの部分は、脂肪や乳腺があるため刺激を感じにくいからです。ちなみにおっぱいの90%が脂肪、10%が乳腺で出来ています。

一口におっぱいといっても、感じる度合いは場所によって異なります。体質にもよりますがたいていの場合、女性は「乳房全体→乳輪の輪郭→乳輪全体→乳頭(乳首)」の順に感じやすくなっていきます。だんだんと中心に向かって性感が高まっていくイメージですね。愛撫の際に重要なのが、いきなり感度の高い部分を刺激してはいけないということ。いきなり服を脱がせて乳首に触れるのではなく、まずは服の上から手のひら全体を使って乳房全体を優しく愛撫します。

体勢は自分がリラックスできる体勢でいいと思うので、ベッドで寝っ転がりながらくるくるくると愛撫していきましょう。また空いてる手でおっぱいを触ってみるのもいいかもしれません。

おすすめの記事