「エッチ好きです」と答えたところ こう返されたとします

しかし、やっぱり怒ってはダメなんですね。
風俗嬢は男性客をお金としか見ていない ということがよく語られますが、目下の場合はこの見方に徹しても良いかも知れません。
男性客に「エッチ好きなの?」と聞かれたら、とりあえず「好きです!」と答えておけば良い。
それだけです。実にドライな考え方ですが、いちいち男性客との会話に過剰反応していたらキリがないし、仕事にならないというのも一理あるのではないでしょうか。
最初のやりとりに戻ってみましょう。

気分が乗って早くイッてもらうためにも、ムカつくけれども「エッチ好きなの?」という質問には「エッチ好きです」と笑って答える。
これが風俗嬢の接客としては正解でしょう。
しかしながら、更に男性客が真に受けて、この答えに食いついて来たらどうなるのでしょうか。
風俗嬢の中には男性客から「じゃあ今度、もっと満足させてあげるから個人的に会おう」なんて誘われた娘も居るようです。

なぜ「エッチ好きです」と風俗嬢に答えられたことから店外デートにつながるのか…。
男性客の思考回路もすごいですが、まさにこの店外デートへの誘いが風俗嬢の怒りの炎に油をそそいでしまいます。
掲示板上では「ウザい」、「キモ客」、「身の毛もよだつ」という毒舌のオンパレードが繰り広げられているようです。

男性客「エッチ好きなの?」
風俗嬢「いえ、好きじゃないです。お金のためですから!」
これは、ダメですね。
風俗嬢の本音をあまりにも晒しすぎ です。
これだと接客の場が凍り付きます。

男性客「エッチ好きなの?」
風俗嬢「はい、大好きです!(だから早くイってお金払って帰ってね!!)」
これが正解です。
カッコ部分を内心呟きながら怒りを静めるべきでしょう。
さて問題は、次のやり取りです。「エッチ好きです」と答えたところ、こう返されたとします。
男性客「やっぱり好きなんだ。じゃあ、今度外でしない?」
これに対して、では、どう答えれば良いでしょうか。

では、どのように答えるのが賢いのでしょうか。
もしかしたら「エッチ好きです」とそのまま返すのが得策かもしれません。
なぜなら接客として見たとき、そう答えた方が男性客が気分的に盛り上がるだろうし、変に突っぱねてしまうと男性客のテンションがガタ落ちになってしまうからです。
そうすると、風俗のメインである相手をイカせることが難しくなってしまいます。
これは風俗嬢にも直接、仕事上の負担として跳ね返ってくるので避けたい ことですよね。

いかがだったでしょうか。
風俗嬢「もしかしてワタシたちみんな、ただのエッチ好きだと思ってないでしょうね!?」
この風俗嬢の不満について、風俗嬢自身がどう取り組むべきなのかを考えてみました。

結論としては、「エッチ好き」だと男性客に思われることに、素の自分をブツけないこと。
会話も接客術のひとつだと割り切って、自分の収入にポジティヴに反映されるように応対を心がけてみる。
という所に落ち着きました。

おすすめの記事