セフレ作る 筆者

セフレ作る 筆者

誰でもセフレになれるわけじゃありません、セフレにもちゃんとした人間性は必要です。相手が誰かどんな人かわからなければセックスなんてできないもの。気がしれた友人からセフレになってしまうということもしばしばあります。

セフレになることは、何か特別な口約束をするものではありません。「付き合おう」というような交際の時のセリフみたいに「セフレになろう?」と持ちかけてセフレ関係になることはほぼありません。

>パパ活女子のセフレまで持っていくアプローチの仕方
これは私も今試行錯誤中ですが、またまとめてみたいと思います。

アダルト目的の利用者が多いのでセフレさがしで利用する場合は魅力がたっぷりなサイトで、ポイントを購入してでも使う価値は十分にあります。

合コンで特にセフレにしやすいのが、酔った勢いでそのままセックスしてというパターン。

出会いの定番といえば合コンです。目的が「相手と出会う」ことが多いため自然とセフレとの出会いも多くなります。男性の中には彼女、妻がいるのに関わらず、セフレを探しにくるなんて人も多いもの。

セフレのいる生活を謳歌し、ハリのある人生を送ってほしい。

SNSでセフレの関係になる人は多く、うまく活用すればセフレを作ることは十分に可能でしょう。

8.ホテルに一緒に行ければ、ほぼセフレは成功です。セックスの技術力がなくても大丈夫です。セックス中も甘い言葉を言い続けてください。彼女の如く大切にしましょう。

マッチングアプリはセフレ探しというよりも、恋人や異性の友達探しに向いています。Omiaiはハッピーメールなどと比べると、累計会員数300万と決して多くはありません。

筆者の場合はメッセージ後すぐに出会い系サイト用のメールアドレスを教え、そのメールアドレス内でやり取りを行っています。しかしLINEでのやり取りを希望する女性もたまにいるため、その場合はLINEのQRコードを教えましょう。安易にLINEのIDを教えてしまうと悪用されてしまった場合に 変更ができないため、 LINEのIDは絶対に教えないようにしましょう。LINEのQRコードはプライバシー設定より自分が好きなタイミングで変更することが可能です。LINEのQRコードは教えるごとに更新しておけば、悪用されたとしてもそのQRコードは無効になります。必ずLINEのIDは教えずにQRコード活用するようにしましょう。QRコードの更新方法についてはこちらのリンクを参考にしてみてください。

7.クラブで楽しんた後は、流れを読んでホテルに一緒に行くかどうかを判断してください。無理に誘えば嫌われてセフレにすることはできなくなります。クラブでいかに判断力を失わせるまで酔わせるかが大切です。もしここで無理でも次回に誘って次のチャンスを待ちましょう。

基本的にどの時間で待ち合わせをしても、一軒目は1時間程度で切り上げましょう。これは「 まだ時間もあるしもうちょっとこの人と話したい」と女性に思わせるための戦略でもあります。筆者の場合、たまに接客が良くないお店やあまり美味しくないお店に一軒目で連れていき、「この店ちょっと早めに出て、別のお店行こうか?」などと言って、二軒目に連れて行くこともあります。待ち合わせ時間が早くて三軒目に行く場合は、二軒目を出る時間を女性の終電時間から1時間半前にしましょう。これは1時間半程度あれば、まだもう一軒行けるかなと思えるギリギリのラインです。

海外で遊ぶならセフレを作ることをおススメします。彼女でも良いかと思いますが、筆者のように性欲に憑りつかれている人は彼女だけでは制御できないと思います。下手に犯罪を起こすよりは筆者のようなスタイルのほうが良いのではないでしょうか。まぁ皆さんそれぞれ考えがあると思いますので、どうするかは皆さんにお任せします。

18の時から海外で遊んでいる筆者ですが、今でも失敗はたくさんあります。それでもトライし続けきたのでセフレを複数作ることができました。

おすすめの記事