しかしそれはあくまでもおっぱい全体の話

しかしそれはあくまでもおっぱい全体の話

また、おっぱいを揉むことで、女性に「次は乳首を責められる」という次なる予感を期待させることができ、心の部分からエロい気分にさせ、興奮を呼び起こすことが出来ます。

ただおっぱいを触るだけではなかなか感度を高まっていきません。おっぱいオナニーをするときは目を閉じて好きな人の顔を思い浮かべるなど、イマジネーションを膨らませて みましょう。

というのも、おっぱいそのものは9割が脂肪の塊で、そこに通っている神経自体も数が少ないのです。

いかがでしたか?このようにもはや、ぐうの音も出ないほどシコれてしまうのです。おっぱいの前では誰もがみな原始人なのです。

また、まだ女性の方がそんなに精神的興奮が湧き上がっていないときは、おっぱいを触ってもくすぐったがられることもあります。

あなたももしかしたら、無意識に貧乳の女性のおっぱいを、その感触を確かめるようにじっくりと揉まない方かもしれません。

確かに女性の乳房には、乳腺と呼ばれる男にはない器官は備わっています。しかしそれはあくまでもおっぱい全体の話。乳首だけでいえば男女に差はありません。

女性が女性として男性に性欲を湧き上がらせる身体のパーツとして、おっぱいは非常に大きなウェイトを占めていますが、実はおっぱいそのものはあまり性感帯としては機能していません。

おっぱいを揉む際の注意点としては、女性のおっぱいは生理前であればおっぱいが張っている場合もありますので、そういうときに強く揉むと痛がる場合もありますので、優しく揉むようにしてください。

女性のおっぱいはその日によって感じ方が違うということを覚えておきましょう。

それにやはり男性におっぱいを揉まれないことで、より一層貧乳に対してのコンプレックスも大きくなっていくこともありますから、そのコンプレックスを解消してあげるようにという意味も込めて。

今日は、女性にとって気持ちのいいおっぱいの揉み方と、乳首の舐め方や責め方を書いていきたいと思います。

そういった意味では、おっぱいを揉んで女性に肉体的な気持ちよさがあるかというと「心地よさ」はあるかもしれませんが「気持ちよさ」というものは薄いです。

いかにも「エッチする前」という雰囲気の時、彼氏は胸を触ってきたりしますよね。たとえそれまで勃っていなかったとしても、ムラムラしているのは確実。そして女性のおっぱいに手を当てたら最後、勃起してしまうのが男性です。

では、おっぱいを揉む意味は無いのかというと、そういうわけではありません。

おすすめの記事