男性の舌の動きだけで 女性は両方のおっぱいで乳首イキを経験します

乳首イキしやすいプレイ方法に、ローションを活用してぬるぬるスベスベのとろみ乳首責めプレイがあります。ローションは服などに付着すると取りづらくなるので、お風呂で使用しましょう。ローションが冷たい時は、洗面器などにローションと少量のお湯を混ぜ、温かくしてから使いましょう。ローションを乳首へ垂らし、円を描く様に指の腹でマッサージします。乳首に最初から触れず、まずはおっぱいマッサージから始め、気持ち良くなった所で乳首をくりくりと愛撫すると、痺れる快感が生まれます。ローションをおっぱいに滑らせ、何度もぬるぬると乳首を転がす事により、乳首イキしてしまう女性も居るほど、かなり直接的な刺激になります。

授乳中のママにとって、おっぱいはベビーに栄養を与えるという、それまでとはまったく異なる役割を持つことになります。しかし、パパには何の変化も訪れません。そこでよくあるのが、相変わらずママのおっぱい大好きなパパが、ベビーがそこにくっついているにもかかわらず、おっぱいを見てスイッチが入ってしまうこと。その視線が嫌なら、パパにははっきりと、見ないでと伝えましょう。でも、嫌じゃなかったら、授乳中でもパパの気持ちを受け入れてあげましょう。

バックスタイルは、後背位とも呼ばれ、膣が後ろ付きの女性や深い挿入が好きなカップルにお勧めの体位です。バックスタイルでは、女性は男性の動きが分かりません。男性の挿入があってはじめて、女性は大きく感じますが、バックスタイルで男性が女性の乳首をいじり、愛撫してつねるプレイを加えると、女性は予想できない快楽に声を漏らします。自分では制御できない快楽を与え続けられるので、マゾ気質の女性が好きなセックスと言えます。女性の乳房を鷲掴み、男性が腰を動かせば女性は簡単におっぱいで感じます。挿入に合わせて乳首をつまめば、膣イキの前に最高の乳首イキが味わえるプチSMな凌辱プレイになります。

対面座位や、男女の愛撫の中で男性が女性の顔を見上げながらの執拗な乳首舐めは、女性の心も体もドロドロに溶かしてしまうプレイです。女性は自分の敏感なおっぱいを、男性に舐めて吸われている様子がよく見えるので、視覚的にかなりエロティックなイメージを受けます。乳首を舐める舌の動き、乳首を吸う音などが全部丸見えなので、いやがおうにも気持ち良く上りつめてしまうのです。男性は、女性がビクビクとオルガズムを感じ始めるまで、執拗に乳首舐めしてみて下さい。男性の舌の動きだけで、女性は両方のおっぱいで乳首イキを経験します。

騎乗位好きの中にはおっぱい好き も多いことをご存知ですか?そのワケは動くことによって激しく揺れる胸が見られるから。コレに尽きます。特に、跳ねるように上下にピストンした時の揺れ方はAVさながらのエロさを彼に感じさせます。

膣イキやクリトリスイキと言った、ポピュラーなオルガズムを覆す乳首イキは、殆どの女性が乳首開発次第で、誰でも年齢や体型関係なく、乳首で思いっきり気持ち良くなれます。乳首は敏感ですが、愛撫に慣らして行くと多少の痛みも大丈夫になり、乳首を思いっきり摘ままれる、乳首を男性に噛まれる事で、電流の様な気持ち良さがおっぱいに広がり、簡単に乳首イキ出来ます。自分のおっぱいを愛し、いつものオナニーやセックスより蕩ける魔法に掛かりたい、溶けてしまう程イキまくりたい、と秘かに願う女性は、自分のおっぱいと乳首を育成して、何度もオルガズムに達する最高のおっぱいに育て上げましょう。オナニーやセックスでどこまで最高に没頭できる快感を生み出せるかは、女性のもっと気持ち良くエッチになりたいという、女性の本能的な探求心次第です。

SMプレイでポピュラーなロウソク責めは、おっぱいの乳首にぴったりのマゾ向け乳首プレイです。ロウソクは通販などで手に入る、SMプレイ用の低温ロウソクを使いましょう。いきなり乳首に垂らすのではなく、最初は手の甲や腕、肩といった皮膚の厚い場所から始め、慣れてきたらおっぱいや乳首へロウソク責めをします。バイブを膣に挿入した状態で乳首をロウソク責めすると、熱さと気持ち良さで潮吹きする女性も居ます。上級者になったら、乳首拷問プレイで乳首イキチャレンジしましょう。

ベビーにおっぱいを吸われるとオキシトシンとプロラクチンが分泌され、そのオキシトシンが子宮収縮をもたらします。子宮収縮は不快感を伴いますが、後陣痛とも言われるこの現象、子宮を産前の大きさに戻すために必要なことなのです。

事実1、小さいからといって性的な魅力が無いわけではない。男性用アダルトビデオの中には、巨乳というジャンルと並んで、「微乳」「小さいおっぱい」というジャンルがあります。
誤解ないようにしていただきたいのですが、ジャンルがあるということは、奇異なものを見たいというニーズからあるのではありません。「胸が小さいのが可愛いから、美しいから、エロいから、好きだから」という欲求があるからです。
ですので、胸が小さいのは、大きい人に比べて性的な魅力として決して劣っているわけではなく、好まれることでもあるのです。

乳首イキするプレイは様々です。一人でするチクニーも良いですが、相手男性とのセックスにおいてでも、乳首イキは体験でき、更に一度のセックスで何度も乳首イキしてしまう事も可能です。乳首好きな女性が感じる乳首イキプレイの方法は、相手男性によってこんなプレイをされる事で、おっぱいでイクと言う感覚が生まれます。男性の方は、女性が気持ち良くてビクビクと乳首イキするテクニックをチェックしてみて下さいね。

母乳が出るのは催乳反射と呼ばれる現象ですが、これはベビーが2分ほどおっぱいを吸い続けると起こるのが通常です。吸われることでオキシトシンの分泌が促され、母乳の生産が活発になるのです。この催乳反射、人によってチクチクと感じたり温かく感じたりすることがあります。

授乳は一見かんたんそうに見えますが、最初の数週間から数カ月はとても大変です。そもそもベビーをうまくおっぱいに誘導して正しく吸わせるだけでもひと苦労。これを1日に8~12回も繰り返すので、ママの乳首にひりひりとした痛みが生じることもあるのです。軽い痛みのこともあれば、血が出ることもあるなど、程度はさまざま。痛みだけでなく、1日に8~12回という時間の退屈さと疲労感も加わって、授乳中のママの大変さを実感できるようになるでしょう。

たいていの場合、授乳を始めて2週間程度でおっぱいが固くなってきます。これはベビーが正しくおっぱいにつかまれるようにするために大事なこと。でも、授乳と授乳の間に痛みが続くようなら、お医者さんに診てもらった方がいいでしょう。

乳首責めに慣れてきたなら、上級者向けのプレイにチャレンジしてみましょう。痛気持ち良い、という感覚が好きなら、定規をはじいて乳首にばちんと当てる、SMプレイでも実際に使われているプレイがお勧めです。SMプレイでは、パドルや鞭を使ったスパンキングプレイがあり、お尻やおっぱいなど、脂肪が多い部分を打って痛さと気持ち良さを感じます。定規なら自分の力加減で調整できます。定規を乳首に当て、気持ち良くてもっとしたい!と思う女性は、本格的なSMプレイにも向いています。

乳首はとても弾力があり、多少つねられても大丈夫です。母乳は乳首をつねり、絞る事で出てくるので、乳首をつねる行為は女性にとってそこまで負担ではありません。乳首愛撫を続けると、乳首は肥大化し、少しの刺激でも大きく勃起します。勃起した女性の乳首はつまみやすく、左右のおっぱいを同時に指でつねられたなら、身をよじる快感が体中に行き渡ります。自分の敏感なクリトリスを思いっきりつねられている様な、大きな刺激が乳首には生まれるのです。優しく撫でていた乳首を、予想外のタイミングでつねると、女性は声を上げて乳首イキしやすくなります。

おすすめの記事