性欲旺盛妻の秒殺フェラ 淫乱妻即ハメ天国

性欲旺盛妻の秒殺フェラ 淫乱妻即ハメ天国

男を悩ませる官能巨乳。性欲旺盛妻の秒殺フェラ、淫乱妻即ハメ天国。日常から抜け出したい欲望が人妻を不倫に走らせる!!完熟肉体で非日常的な淫語大連発の巨乳妻。イヤがる変態的な愛撫が何時しか腰振り絶叫妻!! 「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。

よく「セックスについて彼と話し合いましょう」と言われるものの、したいタイミングが合わないことについて、きまじめに深刻に話しあえば解決策が見えてくるとは限らない。

「彼の脳の報酬系に訴えかけるほうがいいですよね」

そんなふうに言うのは、マナさん(34歳)。彼女は5歳年下の彼とつきあって3年になる。

「相手が年下だったせいか、私も最初から彼にリードしてほしいなんて思ってなかったし、すごく対等に言いたいことを言い合える関係だったんですよね。だからしたいときも、『したいしたい』とすり寄っていきました」

彼が「今日はそういう気分になれない」と言っても彼女はめげなかった。

「だってあなたとするの大好きなんだもんって褒めて伸ばして(笑)。私自身、男に媚びるのは好きじゃないけど、彼に媚びるのは楽しかったんです。それに彼とのセックスは本当に好きだから、褒めて褒めてその気にさせるようにしました」

心にもないことは言えなくても、本心を言葉にすることならできるはず。その際、ちょっと本心を「盛って」言うことでお互いに楽しくなるなら、それもいいとマナさんは余裕を見せる。

「私がしたいとき、彼がいつでもしてくれる。今はそういう関係になっています。彼自身はおそらくそれほど性欲が強いタイプじゃないんでしょうけど、求められればがんばります、という男になってくれた(笑)」

マナさんは楽しそうにそう言った。

あるいは常に男性で言う「賢者タイム」がずっと続いている状態であるということ。射精後の男性には大量のプロラクチンというホルモン成分が分泌されることで性欲が収まり、この状態のことを「賢者タイム」といいます。性欲が低い男性には性欲を抑制させるプロラクチンが通常の男性をよりも多く分泌しているのかもしれませんね。

おすすめの記事