いつも気になる人とはセフレになってしまう…

いつも気になる人とはセフレになってしまう…

なにかとお金のかかるセフレも男性に嫌われます。

お金に相当な余裕がある経営者ならまだしも、学生、サラリーマンはセフレに1回数万円も使う金銭的余裕はありません 。

セフレの前で、「これ欲しい」「焼肉食べたい」などと要求し出すと、相手を消耗させることになります。

また、自分が会って、セックスをしたいにも関わらず、毎回ホテル代を男性が全額負担するというのも、会う頻度を減らす原因です。

短期間で何度も会いたいなら、男性にお金の負担が減るように、気を遣う必要があります 。

お金をかけて欲しいのなら、お金持ちのセフレを作ってください。

彼への想いが行き過ぎたり、好奇心が高まると、彼女に会わせて欲しいと要求したり、友達に会わせて欲しいと言ったりすることがあります。

彼女に会わせるとなれば、余計なことを口にしないのかなど心配も増えるのは当然です。

さらに、彼女、友達に会わせるために時間も使わなければなりません 。

男性がめんどくさい感じるのは自然だといえます。

健全なセフレ関係を築くのであれば、2人の時間だけを楽しむようにするのが一番です。

男性はのセフレに対する気持ちはエッチをしたいときだけ連絡してくるパターンが多いものです。そんなとき、会ってすぐにホテルへ直行!というパターンは避けたい事 です。ホテルに入っても、すぐエッチをさせずに、色々話してみたり映画鑑賞してみたりしましょう。

依存される男になったり、依存しやすい女を上手に依存させ、セフレとして長くキープできるようコントロールしてみてください。

セフレを作ることができる男性と、うまくいかない男性の差は、「諦めずに使い続けること」にありますからね。

次に、「5時~9時の午前中出勤前」と「20時~23時の仕事後タイム」の時間帯は、「社会人の女性を狙ったセフレ探し」に最適な時間帯と言えるでしょう。

鉄は熱いうちに打てとも言いますが、相手のテンションが盛り上がっている内に、テンポよく話を進めていくことで、「セフレという女性にとってデリケートな関係でも成功できる」のです。

さて、女性の場合は、「自分が誰かとセフレ関係を築いている」「より多くの異性とセックスをしている」ということは、コミュニティ内部でステータスになったりマウントをとる機能を果たすことがあまりありませんし、「ヤリマン」 と呼ばれるような性的に逸脱している女性に対する視線も表面上は厳しいですから、「はばかられる話題」としてどちらかというと消極的に扱われる傾向 があります。

男女平等の現代なので必ずしも男性がデート代を毎回奢る必要はないと思いますが、常にデート代、特にホテル代が割り勘というのはセフレの可能性が高いと言えます 。

しかし、いまのところは、マウント気質の男性を女性が拒否するところからセフレにまつわるすべての悪循環が断ち切られてついにまともなセックスが始まるのではないか、という提言だけでひとまずとどめておくとしましょう。

逆に、やきもちを焼いたり束縛してきたりするような素振りがあれば、セフレではなく恋人として考えていると言えるでしょう。

いつも気になる人とはセフレになってしまう…。しかも一度セフレになってしまうと本命はおろか、なかなかセフレという関係からも脱却できないという女の子は、自分自身に問題アリなのかも。

「援助交際や業者とは出会えても、セフレとは出会えたことがないという人ばかり」

個人差がありますが、キスは好きな人としかしたくないという男性は意外と多いもの。 あなたとセックスはするけれど、キスは嫌がるという場合は残念ながらあなたのことは本気で好きなわけではなく単なるセフレとして見ている可能性が高いでしょう。

まず、私が実際にハッピーメールでセフレ作りをする上で、常々意識していることとして、「時間帯」という物があります。

おすすめの記事