おっぱい イク 都市伝説

おっぱい イク 都市伝説

ここまでの刺激に慣れてきたら、気持ち良い!という感覚を実感できるかと思います。しかし、気持ち良いのだけど乳首でイケないという問題が発生します。そのためにスポ-ルバンを付けていた時に開発をしておいた別の部位を同時に責めてあげます。男性ならもちろんチンポをしごいても良いのですが、乳首でイクよりも先に射精をしてしまうと、乳首での感度が落ちてしまので、やはりアナルや玉を触るのがオススメです。反対に女性は何度でもオーガズムを感じれる身体なので、クリトリスを触りながら乳首をいじるのが良いでしょう。

100%正しい訳ではありませんが、これまでの経験と都市伝説を含めたネット上の情報から「性欲の強い女性の特徴」をまとめてみたので、自分のことに置き換えて確認されてください。

もちろん肩や腰に貼り付けるようにスポ-ルバンを乳首に貼り、開発をしていくということなのですが、これが本当なら目から鱗です。都市伝説な物ではありますが、値段もやすく手に入り、貼るだけでいいなら最高の道具ですよね。そこで、実際にスポ-ルバンを使って乳首を開発している人がいるのかを調べてみました。

いずれにしても男女ともに乳首と何か1つ性感帯を同時に責めることで、快感が身体中を駆け巡り、乳首イキができるようになるはずです。最初は乳首イキに時間がかかるかもしれませんが、1度イク感覚を覚えればすぐに気持ち良くなることができます。

おすすめの記事