あくまで開発は中イキできるようになることが目的です

つまりポルチオで中イキするにはセックスと言う共同作業が必要なのだ

「子宮で感じる」つまり身体の奥でイキたいならばポルチオ開発は必須。オーガズムの最高峰とまで言われるだけあり、Gスポットでの中イキよりはるかに強烈な快感を覚えることになる。しかも失神、潮吹き、痙攣を伴うこともあると言うから驚きだ。

性的好奇心は誰もが持っているものです。中イキというオーガズムがあることを知れば、誰でも試してみたくなるでしょう。そのため、こっそり中イキの練習を自宅で繰り返す女性もたくさんいます。

中イキできなかった人が様々なことがキッカケで中イキできるようになることもあるものです。ではどのような理由によって中イキできるようになったのでしょうか。

特に 指入れオナニーやバイブを使っている人は、自然とGスポットやポルチオが刺激されており、中イキできるようになっていることが多い です。逆に言えば、膣内を刺激するオナニーをしている人は少しのキッカケで中イキできるようになるということになります。

中イキをしようとは思っておらず、 いつの間にか中イキできるようになっていた という人もたくさんいます。セックスやオナニーで自然と膣内が刺激された結果、気付かぬ間に開発されていたというパターンです。

また、実際には中イキしているにも関わらず、それが中イキだとわかっておらず、クリトリスで感じるオーガズムと同じだと認識している人もいます。

オナニーで中イキできるようになると、これまでとは違う気持ち良さを覚えることになります。しかし彼氏のペニスが短かったり、テクニックがなかったりすることで、セックスでは中イキできないことも多いです。

中イキしたことがないどころか、 中イキという言葉の存在を知らない女性も多い です。外イキと中イキの違いも分かっておらず、中イキのほうが気持ち良いことも知らないのです。

中イキできるようになったのは 彼氏がキッカケ だという人も多いです。男性は女性に中イキして欲しいと考えます。中イキしたことがないことを知れば、自分がそれを体験させてあげようと思うものなのです。

彼氏に「中イキできた?」と聞かれたとき、これまで嘘をついていたという人もいるでしょう。実際に中イキできるようになれば、嘘をつかくて済むようになるわけですが、彼氏はその変化に気付くかもしれません。

中イキしたことのない女性におすすめしたいポルチオ開発。自分でも驚くほど感度が増していくのに気付くし、日々のセックスが一層楽しくなるのは間違いない。その開発が上手くいくよう支えるのが男性の役割だ。

そのため、体力や筋力がなければ、 途中で疲れてしまってイケなくなってしまう のです。また、彼氏の体力がないことにより、手マンやピストンする時間が短く、中イキできないという場合もあります。

つまりポルチオで中イキするにはセックスと言う共同作業が必要なのだ。しかもガン突きよりもスローセックスのようなゆっくり優しいピストンが望ましい。ガンガン激しく突かれても快感を得られないばかりか痛くなってしまい、膣内を傷つけてしまう恐れすらある。

初めて中イキできたとして、それで満足な女性もいれば、その先の気持ち良さや快感の質の違いを知りたいと思う女性もたくさんいます。 今回は後者、さらなる性感開発を望むM女さんとのお話です。も ...

そのため、バイブの刺激に慣れ過ぎてしまうと、実際のセックスで中イキできなくなってしまいます。 あくまで開発は中イキできるようになることが目的です。 気持ち良さを求めて、振動を強くして毎日のようにオナニーしてしまうと、逆の意味で中イキできなくなってしまうため注意しておきましょう。

おすすめの記事