性欲が強いからと言って 浮気をするわけではありません

性欲はセックスをするために必要なものですよね

勝気な性格。

これは身体的特徴と同じで男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモンが多いと、性格的に攻撃的になる傾向があるからです。

勝気な性格は男性ホルモンのたまもの。
つまり性欲が強い...ということになりますね。

こういった性格の人は、ワンナイトの関係も抵抗なくできる傾向が。
サバサバした男っぽい性格の人も同じです。

話がそれました。
女性も同じです。
体毛の濃い人は男性ホルモンが多く性欲が活発。
女性は体毛処理に気を付けている人が多いので、一見すると分かりにくいのですが、処理していないところ...(あれば)見るといいかもしれません。

ムダ毛が濃いって嫌だなぁと思うと思いますが、でもムダ毛が濃いという事は色気があるってことです。

眉毛の濃さも特徴ですよ。
眉毛は処理をして補足していても、結構元の眉毛の濃さは推測できるものです。

ところで、最近男性も体毛の処理をするようになりました。
適度な処理は衛生的で見た目にも清潔という事らしいです。男も女も同じですね。

指の長さというのも面白いですね。

まずあなたの手をだして指を観察してください。
薬指と、人差し指の長さを確認します。

薬指の方が人差し指より長いと、性欲が強いと言われています。
なぜだか科学的には証明されていないのですが、薬指が長い方が男性ホルモンが多い傾向にあるという事です。
これは男性も同じらしいですよ。

性欲の強い男性が好み!という女性は彼の指を確認してみるといいかも。

お酒好きな人は性欲が刺激される事が多い。

お酒を飲むと開放的になるし、外でお酒を飲む場合、照明が暗い場合が多いですよね。
お酒を飲んで気が緩んでいる場所が、少し暗い場所だと、人間は性的に興奮を覚えることがあります。
一緒に飲んでいる相手が男性なら、その男性のことを急に魅力的だと思うことも不思議な事ではありません。

お酒と色気、性欲は案外よい関係なのかも。

でも、もしどうしてもエッチな気分になってしまったら、一人で楽しむのは悪い事ではありません。
性欲の処理というとどうしても無機質な感じがしますが、処理ではなく、自分を高める機会としてとらえてはいかがですか?

セックスが充実している人はホルモンが出て色気のあるとても魅力的な女性になります。
パートナーがいないなら一人で処理してもなんら問題はない。
それどころか、自分の身体をよく知ることができ、パートナーができたときによりよいセックスになります。
自分で処理することを怖がらないで。

もしパートナーがいない場合の性欲の処理はどうでしょう。

男性のように女性はどうしても処理しなければならないという事がないので、セックスしたいなぁと思っても、そのまま何もしないでも特に問題はありません。
実際、性欲が強くても特に処理をしない人が多いのも事実。

男性ホルモンが強いなんて、自分ではよく分からない?
でも性欲が強い女性には身体的、性格的な特徴があるので、自分でセルフチェックしてみては?

今から13の特徴をひとつずつ見ていきます。
チェックしていくと隠れた自分の性的嗜好が見えてくるかも?

ここまで身体的な特徴を見てきました。

まとめると
①肉食系
②筋肉質
③身長が低い
④薬指が長い
⑤毛深い
⑥オイリー肌

なんだか箇条書きにすると増々男らしさが際立ちます...
でも、がっつり性欲が強いという事は、色っぽさの表れでもありますよね。

⑦からは性格的特徴を見ていきます。

男性の性欲のピークは20歳前後。
そこから緩やかに、男性ホルモンが減っていき、比例するように性欲も落ち着いてきます。

女性も20代でピークを迎え、徐々に減り、性欲も減退してくるのでしょうか?

答えは逆!
実は女性の場合、30代から40代にかけてどんどん性欲が増していくのです。

コンプレックスを抱えている女の子は、性欲が強い..というよりは依存性が高い。

コンプレックスがあるから、その自分を好きになってくれる人に依存してしまう傾向があります。
性欲がすごく強いわけではないのですが、依存性が高いので、彼といつも一緒にいたい、つながっていたいという気持ちから体の関係に溺れることが多いのです。

彼が同じタイプならお互いずっとべたべたしているかも。

男性の性欲が減るのに、女性の性欲が増えるとはなんとも皮肉ですね。

女性は女性ホルモン、エストロゲンが年とともに徐々に減っていき、閉経と一緒に限りなく減少します。
でも性欲に関係するホルモンはエストロゲンではないですよね?

そう男性ホルモン(テストステロン)です。

つまり女性の場合、女性ホルモンが減ることで、男性ホルモンの割合が増え、性欲が増える。
そんな仕組みなのです。

反対に男性は男性ホルモンが減り、女性ホルモンの割合が多くなるので、女性的になり、セックスそのものよりキスやハグといった肌のふれあいの方を重視するようになります。

若いころの役割が30代、40代でコロッと変わってしまうかもしれないなんて、ちょっと面白いですね。

女性の性欲の強さは、性格や女性の環境にもよります。
でも、生来の性欲の強さというのは、女性のホルモンバランスによると言われています。

男性女性ともに男性ホルモン(テストステロン)、女性ホルモン(エストロゲン)を両方持っているのですが男性ホルモンが多いのが男性、女性ホルモンが多いのが女性というわけ。

このホルモンバランスが偏っていると性欲の強さが変わってきます。

女性ホルモンが基準値より高い男性は女性的でセックスよりスキンシップを好む傾向があり、逆に男性ホルモンが基準値より高い女性は、男性的でセックスを好む傾向があるのです。

ホルモンの値は血液検査で調べることができます。
面白いので健康診断のついでに聞いてみると面白いかも。

2次元にハマっている子はとにかく想像力がすごい!
その豊富な想像力で性的にもクリエイティブ。

2次元にハマっている子はBLが好きだったり、エッチなシーンも大好き。
普段2次元で生活しているから、あまりエッチに縁のない子も多いけど、その分想像力はいっぱい活用しちゃってるので、性欲が強い子が多いですね。

性欲が強い事、恥ずかしいからとあまり外に出していない人いないですか?

「軽い女に見られそう」
「彼がドン引きしそう」
「淫乱とか言われたら嫌だ」

確かにそんな風に思っている人はいるかもしれません。
でも、性欲が強いのはいいことなのですよ。

彼をタップリと満足させることができるし、性欲が強く色気のある人はフェロモンのいい香りがします。
その香りに彼もメロメロなんて。

性欲が強いからと言って、浮気をするわけではありません。
1人のパートナーとセックスするのに悪い事なんかあるわけないですよね。
ぜひ彼にはあなたの性欲の強さを分かってもらって、2人で充実したセックスライフを楽しんでもらいたいです。

セックスが充実しているカップルは別れる確率がとても低い。
これは事実です。
彼に性欲が強い事をちゃんと話をして充実したセックスライフを送ってください。

女性の性欲は実は常にマックス!というわけではないのです。

1か月に1度生理が来るように、性欲も1か月のサイクルで上下します。
性欲はセックスをするために必要なものですよね。
セックスは子供を作るための生産行為。

つまり、子供ができやすい日が一番性欲が高まるという事。ちなみに色気を感じるのも排卵期が一番らしい。

具体的に言うと、生理が終わった日から、排卵日までが性欲が一番高まる時だと言えます。

排卵日は次回生理予定日からだいたい15日前。
人によって28日サイクル、26日サイクルと若干違いがあるので、一概には言えませんが、28日サイクルなら15日前という事でよいでしょう。

おすすめの記事