ナンパのイメージを変えるだけで 立派な出会いになりますよ

ここからは気になる趣味での出会いについて 解説していきます

皇居周辺などで若い男女が走る姿をよく見かけるように、ランニングはかなり人気の趣味。ですが走りっぱなしの彼らに話しかける隙はほとんどなく、リアルの場でキッカケを掴むのは難しめです。

その分『イククル』のようにランニングコミュニティのあるアプリでは、ランナーとの出会いも豊富。話のキッカケが作りやすいだけでなく「仲良くなったらランニングデート」のように、趣味を通じた出会いがしやすくなるでしょう。

職場で知り合って結婚した!という話を聞くと、つい同じ部署からの恋愛でしょ?と思いますが、職場での出会いは同じ部署だけではありません。

出会い系アプリや合コンの場合、初対面の人に趣味を聞かれる機会って多いですよね。素直に好きなことを答えるのも良いですが、ここで異性にモテる趣味を答えればあなたの好感度も上がるはず。

「ひょっとしたら旅行先で出会いが……」と期待してしまう気持ちもわかりますが、そう都合よくステキな異性に話しかけられるなんて稀な話。旅行好きの人と出会うなら、アプリを使うのが無難でしょう。

『Yahoo!パートナー』のようなコミュニティ機能のあるアプリなら「旅行好き」はもちろん「ヨーロッパに行ってみたい」「国内派」など細かく好きな旅行先がわかるのもポイント。お互いの旅行話を通じて、関係を深めるヒントになってくれるでしょう。

ダーツはその場の人と対戦して楽しむ風潮があり、自然にキッカケを作りやすいものの、あくまでも目的はダーツ。対戦相手には恋人がいる人も当然いて、リアルの場では効率的な出会い探しができるとは言えません。

ですが『タップル誕生』の「ダーツ」コミュニティはユーザー数が多く人気。目的も恋愛の人が多く、ダーツの趣味を通じてならアプリでの出会いが効率的といえるでしょう。

しかし、趣味を通して異性と出会うことに特別なメリット、デメリットはあるのでしょうか。ここからは気になる趣味での出会いについて、解説していきます。

男性からすると、非常に勇気が必要な行動であり、女性からすると軽薄なイメージが強いナンパは、真剣な出会いの場とは考えにくいと思われていますが、ナンパではなく一目惚れだと考えると一気に出会いのチャンスになります。ナンパのイメージを変えるだけで、立派な出会いになりますよ。

最近は少しの時間でも無駄にしたくないと、趣味サークルに通う社会人が増えています。趣味はもちろんですが、テニスやボーリング、スノボや登山など一緒に楽しんで、一緒に学べる時間なので恋愛感情にも発展しやすく出会いの場としても良いのです。

仕事終わりを出会いの場にするならば、スタバなどの異性の集まる場所へぶらりと寄ってみましょう。男性を探すなら音楽ショップや電機屋さん。女性を探すならアクセサリー屋や雑貨屋さんなど、普段は行かない場所へ出向くと予想外の出会いがあるものです。

大好きなアーティストのコンサートやライブ会場は、音楽の趣味が同じ人ばかりが集まっています。ファンなので、アーティストばかりに目がいきますが、音楽の価値観が似ていることから出会いの場としても最適なのです。

社会人になると、昼休憩の時に利用するお店が定番化してくるものです。お気に入りのカフェや定食屋さんが見つかると、ついつい通ってしまうもの。それは自分だけではなく、周りのお客さんも同じである場合が多く、同じ時間帯に同じ異性と会っている可能性が高いのです。ランチの時にちょっと周りに目を配るだけで、よく行く店が出会いの場に変わりますよ。

出会い目的で趣味を始める人は多いですが、純粋に趣味を楽しんでいる人から見ればそういった人は邪魔な存在。「趣味のコミュニティを荒らしに来た人」「やたら声をかけてくる迷惑な人」として異性だけでなく同性からも敵意を持たれてしまいます。

男女ともに習い事の代表格であるダンスには、チームでのパフォーマンスが重視されるものもあり仲を深めやすいのが特徴。ですが異性とも仲間意識が芽生えやすく、なかなか恋愛に発展しづらいリスクも秘めています。

その点仲間として友情を深めることのないアプリでの出会いは、恋人探し向き。『タップル誕生』では数十万人規模のダンスコミュニティがあり、趣味を通じた恋人探しをサポートしてくれるでしょう。

料理作りを一緒に楽しみながら、自然に会話が弾んで仲良くなりやすい料理教室。ですが真剣に料理を学びに通う人が多く、出会いが目的だと白い目で見られるリスクが高いです。

その分出会いアプリなら、多くの人の目的は「恋愛」。相手に悪い印象を与えることも少なく、『タップル誕生』のように料理コミュニティがあるアプリを使えば、趣味の近い相手探しも手軽に行えるでしょう。

「飲み会が趣味です!」と宣言している人は少ないかもしれませんが、親しい人とお酒を飲むことが好きだという人はたくさんいます。飲み会は、一人ではできない趣味。異性のいる飲み会の場にさえ行けば、話すチャンスはたくさんあるので出会いの少ない人も安心です。

おすすめの記事