このような状態の既婚女性は 不倫に走る方が多いと言えるでしょう

出会い系サイトを利用して不倫相手と出会うときは既婚者であることを内緒にしておきましょう。何故なら既婚者であることを弱みに握って変なことをしてくる人がいるからです。とはいえ、これをされる可能性が低いのですが、出来るだけリスクを抑えて出会いを手に入れるようにしましょう。

結婚した女性にとって、夫以外の男性との恋愛は不倫となっています。

嫁には会社の同僚と飲みに行くと伝えて、1ヶ月に一回ぐらい会う不倫の関係になりました。彼女がドMで、彼氏はSではないらしく物足りなさを感じていたということです。

このような状態の既婚女性は、不倫に走る方が多いと言えるでしょう。

通勤で使う電車、バスがきっかけで不倫に発展することがあります。毎日同じ時間帯の電車、バスを使っていると必ず毎日同じ人がいまる。必ず毎日出会うようにして、アイコンタクトを行う。不意に、ハンカチを落としてみる。使っていない定期を目の前で落としてみると、かなり高い確率で落し物を拾ってくれます。

不倫は、いけないことだとかバレるバレないとか浮かばれぬ恋だとか、少なくともあまりいい意味で使われることはないと思います。

岡野「それから、同じマンションの管理組合で既婚者同士が不倫関係になったというケースもあります。マンション内でのトラブルを一緒に解決することで急接近しやすいのです。

それが不倫の引き金になるわけですから、自己犠牲は必ずしも美徳ではありません。

不倫になるきっかけで多いのはいったいどのようなことなのでしょうか。ここでは、不倫になってしまうきっかけについてお話します。

不倫の出会いを手に入れるなら同じ時間帯のバスや電車を使う必要があるでしょう。

美容院を選ぶときも、できるだけ小さいお店の方が不倫関係になりやすいです。

ーー日常生活のあらゆる場面に、不倫相手の候補者は潜んでいるのですね……。

今は不倫に対しては様々意見はありますが、不倫相手になることも全ては自己責任と言うことは忘れないでください。

家から電車で10駅ぐらい離れているので、お互いに不倫関係がバレることなく今も3ヶ月に一度ぐらいのペースで不倫関係が続いています。しかし、不倫をする旅に後悔してしまうので、もうそろそろ終わりにしようかなと思っています。

岡野「既婚女性の場合、子育てにかかわる人物と不倫関係になるケースも多いです。たとえば、学校のPTA関係者、習い事の先生、塾の先生など。

おすすめの記事