女性の性欲のピークが40代

女性の性欲ももちろん女性ホルモンが大きく関係してきます

若い時には分からなかったセックスの快楽があり、性欲の高い40代女性がセックスにおぼれるのは想像に難くないこと。

40代で欲求不満にならないためには、30代でセックスを楽しむ心の余裕が大切です。
今30代で子育て世代の女性の方は、たまには夫とデートを楽しんでくださいね。
男女の関係を保つにはちょっとした工夫が必要です。

同じ年くらいの男性を相手にセックスをするのであれば、相手の男性もセックスにテクニックがなく自分の性欲の赴くまま、ただ本番をして果てる..という余裕のなさもあるでしょう。

10代から20代の女性は、男性の求めに応じてセックスはしても、セックスの本当の楽しみを知らない場合が多いのです。
セックスの快楽を知らないのであれば、女性ホルモンが活発に分泌されていても「男の子を今すぐ押し倒したい!」
と性欲に支配されることはないでしょう。

男性は10代で性欲が爆発的に高まり、セックスのことばかり頭に浮かんでしまいます。
「風が吹いただけで...」とはよく言ったもので、本当に10代の男性は性欲で頭が支配されているといっても過言ではありません。

生殖能力が一番高く、体力もある10代後半から20代前半に、男性は性欲のピークを迎え、あとは少しずつ男性ホルモンが減少していきます。
男性ホルモンが減少していくと、性欲も落ち着き、いわゆる「風が吹けば...」の状態から解放され、自分で性欲をコントロールできるように。

男性の性欲は10代で一気に急上昇し、その後男性ホルモンの減少と比例してゆっくりと下降していく、単純な線のグラフで表すことができます。

浮気や不倫を続ける妻の中には、夫とのセックスレスで溜まった性欲を浮気で吐き出すといった人もいるようです。

女性は女性ホルモンの分泌が、男性は男性ホルモンの分泌が活発になると生殖能力が上がります。
ただし、「性欲」に関していうと、男性ホルモンが強く関係してきます。

セックスしたいという衝動は主に「男性ホルモン」がかかわっているからです。
俗にいう肉食系女子は、男性ホルモンの分泌量が多い人。
分泌量が多いというより、正確に言えば男性ホルモンの比率が他の女性に比べて高いという事になります。

いかがでしたか?

女性の性欲には男性ホルモンと、セックスの経験が関係しているのが分かったのではないでしょうか?
セックスの経験もそれなりにある40代女性はとても色っぽい。
第二のモテ期も女性は40代で来ます。

なぜ女性の性欲は40代でピークを迎えるのか、ここでちゃんと検証していきましょう。

40代と言えばだんだんと更年期から閉経を意識し始める年代。
まだまだ予兆はないにせよ、子供を作る機能が失われていくと、だんだん女性は年齢の事、そして更年期の話が気になり始めるものです。

それなのに40代になってどうして性欲が増えるのか?女性の体の不思議に迫りましょう。

女性の性欲のピークが40代。

そうは言われても...と懐疑的になる女性は多いでしょう。
女性の性欲にはアップダウンがあり、セックスがしたくてたまらない時期もあれば、全くしたくなくなる時期だってあります。
そしてその高まりを迎えるのが40代。

女性の性欲がホルモンのバランスと関係しているというのは一体どういうことなのでしょうか?

人間は女性は女性ホルモンを持ち、男性が男性ホルモンを持つわけではありません。
人間は女性も男性も両方、男性ホルモンと女性ホルモンを分泌しています。
このホルモンのバランスが大切なのです。

でもよく考えてみれば不思議な事でもなさそうです。

女性の性欲は女性ホルモンだけが関係しているわけではなく、そのほかのホルモン、そして生活環境も大きく関係している事が分かっているからです。

女性の性欲は女性ホルモンが高いからというよりも、ホルモンのバランスが特に関係しているのです。

女性の性欲のピークの話をする前に、男性の性欲の話から始めます。
男性の性欲のピークはとってもわかりやすいですよね?

ホルモンに支配されている10代から20代。
今では草食系男子なるものが、世の中増えていってはいますが、それでも人間の体はホルモンに支配されています。
興味の対象があれば体は反応するし、思春期に精通が起これば健康な男性なら性欲の処理は必要です。

30代は結婚をして子供を産む、いわゆる子育て世代です。
30代ではまだまだ子供が小さく、子育てに追われています。
また、出産後一時的に性欲が失われる女性もいます。

慣れない育児に追われ、ストレスがたまるとセックスが後回しになってしまう事は当然の事かもしれません。
そしてそのストレスは夫に向けられ、「夫に触られたくない」「夫を男性として見れない」という女性が増えるのも事実です。

女性の性欲ももちろん女性ホルモンが大きく関係してきます。
女性ホルモンは20代半ばをピークに緩やかに下降していきます。
今でこそ晩婚化が進んでいますが、もともと20代は子供を産んで育てる時期ですから、この時期に女性ホルモンがピークを迎えることは納得がいきますよね。

それなのに、女性ホルモンがすこしずつ減少していくはずの40代に性欲がピークを迎えるのは不思議な現象です。

男性ホルモンの比率が少し上昇すると女性は「性欲」を強く感じるようになります。
ここで「女性の性欲は40代がピーク」という話につながります。

40代の女性は性欲が強くなるうえ、40代ともなるとセックスの快楽を知っています。
10代、20代では分からなかった「挿入でイク」という感覚も分かっているでしょう。
セックスの快楽も知っていて、性欲が強くなれば、セックスをしたいと思うのは当たり前の事です。

体力的にも、精神的にも一番セックスが楽しめる時期でもある30代ですが、共働き世帯の忙しさ、育児のストレスがもとで一旦夫婦生活から遠ざかるカップルも30代が一番多いようです。

また、日本の場合子供ができると夫婦で「パパ」「ママ」と呼び合い、意識的に「夫婦」から「家族」へと関係性が変わってしまうことも一つの原因でしょう。
30代では女性ホルモンが活発に分泌されていても、日頃の忙しさに追われて性欲がわかないという人が多いのです。

おすすめの記事