長い間 彼女が出来ないと 焦りが出てくることもあると思います

「彼女ができない焦りはダメなことなのか?」

長い間、彼女が出来ないと、焦りが出てくることもあると思います。

彼女いない歴=年齢の人が今まで彼女ができなかった理由、それは友達付き合いに積極的ではなかったから なんです。

ですから、彼女欲しいのにできない男性は、女性との会話は真剣勝負だと考え、できる限り密度の濃い会話内容を提供することに終始しましょう。

そして称えられます(バカにされます)。男子の場合は彼女いない歴=年齢 が30あたりでヤバい と認定されそうです。

誰かに自分の存在を認めてほしい、寂しい、満たされない

本質はそこだと私は思います

その答えは自分自身が自分を認めていないということ

なぜ認められないか、色々あります親に誉められることがすくなかった、厳しかった、誰かに強く責められた、過去の罪悪感、まだまだ色々あります、人は大人になるまで他に依存して自分を作ります、作られた自分であるから、本当はもっと違う自分だから。
完璧に育てることなんて皇室でも無理だと思います。

故に、表面的な短所を改善して彼女ができたとしてもそこに満たされるものはないでしょう、皆通る道

何度もご自身が質問した文面を読み返し、必要ない文を削り自分が今何が不満で、何が原因で、何をすればいいか見えて少しは私の述べたことに納得できるかもしれません。

分からない場合は日々不満に感じたことを書きや共通する感情を探してみて下さい。

その時、感情をより具体的に書くようにしてみて下さい

例えば、自分は必要のない人間だと思ったのは思考であって、そこに隠された感情を書く
寂しかったのか、悔しかったのか、苦しかったのか、悲しかったのか、開き直ったのか、色々と向き合ってみて下さい。

仮になぜ寂しく思ったのでしょうか、実は必要とされたい欲求があったからではないか

彼女が欲しいとただ悩んでいた時より具体的に自分自身の道が見えてくるかもしれません

さらにそこから、では次にどうするか?
また自分自身と向き合う

私はあなた自身ここまでは来ていると思います。

この先を切り開くのは自分がどんな人間でありたいかではないでしょうか。
本当の自分を見つけること。

「どんな男性が好きですか?」と聞かれたら、「優しい人」と答える女性は非常に多いです。筆者もそのうちの一人です。しかし、実際に優しい男性がモテるのか?というとそうではありません。優しくても、彼女ができない男性はたくさんいます。なぜなら、優しい男性のベースに"安心感があるか"ということがあるからです。頼りない男性に優しくされたり、自分に自信のない男性に優しくされても、女性は安心感を感じることができません。ある程度、年齢を重ねてくると、女性は結婚を視野に入れて交際相手を選ぶため、自然と安心感を求めてしまうのかもしれませんね。そのため、恋人をつくるには、自信を持てるように、自分を磨いたり、生活を充実させることの方が、意外と近道だったりするのです。

また、彼女ができないと焦り暗くなるよりも、"日々の生活を楽しもう!その延長線上に彼女つくりがある"というゆるい心持ちを持つことが、まわりを惹きつけ、チャンスをつかむことにも繋がるはずです。女性を知り、自分自身を見つめなおすことで、素敵な恋愛ができることを心から祈っています。

これらの理由を自分で作ってしまい、女性に対するアプローチに消極的になってしまっている人は彼女ができにくい傾向にあります。

「彼女ができない焦りはダメなことなのか?」

「どういうこと?」と思われるかもしれませんね。自分では話下手ではないと思っているのに、コミュニケーションがうまく取れていないために、彼女ができないということがよくあるのです。

こうした理由から、彼女欲しいのにできない男性は、女性と仲良くなるためには、警戒心を解くことが必要不可欠だとしっかり理解しておきましょう。

今回は、彼女欲しいのにできない男性向けに、彼女の作り方の基礎を徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

彼女欲しいのにできないで、恋人ができない焦り・イライラは、彼女を作ってしまえばすぐに解決する。

そうなると必然的に、彼女いない歴=年齢になる可能性は高まってしまいます。

真剣に婚活するのと遊びで女性に会うのは実は紙一重です。はじめは婚活のために合コンや出会いの場に参加していたにも関わらず、いつの間にか刹那的な楽しみを優先し出す男性もいます。結婚に向いている女性よりも、その時一緒にいて楽しい女性を優先してしまうため、真剣に付き合う彼女ができないのです。

おすすめの記事